Music FMと他音楽アプリを単純比較 使われ続ける理由とは

先日、海賊版音楽アプリとして名高いMusic FMの最新版としてBass Musicがリリースされました。無料で音楽が聴けるとして利用者は多いようです。海賊版が何故使われ続けるのか。他の正規音楽配信サービスと機能面を比較して探ってみました。なお、同サービスの最新版は複数の名称で存在しますが全て”Music FM”と表記します。

Music FMの問題点

Music FMは違法にアップロードされた楽曲を配信する海賊版サービスです。
Music FMで音楽を聞く事は違法にはなりませんが、特定の機能を利用する事で法に触れる場合があります。
また、音楽に限らず海賊版は製作者に還元されるべき収益等が製作者に渡らず、業界の発展を阻害する要因となります。特にMusic FMの様に普及してしまっているサービスが存在していると被害は深刻でしょう。

さらに、Music FMとGoogleやTwitterアカウントとの連携情報について第三者が閲覧可能な状態にあった事が報告されています。これは連携機能を利用しない事で回避可能だと思われますが、その他のリスクが無いとは言えない為、全て自己責任となります。

なお、本記事は違法行為を助長する意図はありません。

Music FMと正規サービス比較

ここでMusic FMと一般的な音楽配信サービス(Apple Music、Google Play Music、Spotify等)を比較します。大手サービスは機能に大差が無い為、一括にします。優劣は◯△✕で表記します。

✕違法
◯値段
完全無料
一般的な配信サービスは月額制で有料。Spotifyは無料でシャッフル再生のみ可能。
◯曲数
公式には非公表。
著作権を無視しておりレーベルとの契約等が存在しないと考えられる為、実際はほぼ全ての曲があると言っても過言では無い。(正規の配信サービスは特定のレーベルのものが一切無い事もある)マイナーな曲も存在。
大手配信サービスは4000万曲〜6500万曲。ただし、邦楽が少ないものもある。
△歌詞
オートスクロールの歌詞機能有り。有名曲は概ね歌詞が表示されるが、マイナー曲だと無い場合も多い。以前はMusic FM公式サイトから誰でも歌詞を投稿する事が出来た為、誤字も若干存在。
大手配信サービスは歌詞表示の有無は別れる。
△音質
曲によってまちまち。詳しい音質は不明だが、概ね一般的な配信サービスと遜色は無いと感じる。
大手配信サービスは一定品質以上である事が保証されている。
◯オフライン再生(違法)
曲をアプリ内にダウンロードしてオフライン再生する機能有り。ただし、この機能は違法ダウンロード行為となり犯罪。大手配信サービスは概ねオフライン再生に対応。Spotifyは非対応。(こちらは勿論合法)

総括 Music FMが使われる理由

音楽配信サービスには主要な機能の差がありますが、一番重要なのはやはり配信されている楽曲数ではないでしょうか。特に海外の配信サービスだと、まだまだ邦楽の数が少ないと感じます。
また、特定のレーベルや歌手の曲だけ明らかに曲数が少ない、若しくは無い場合も多々あり、定額サービスであっても別途購入の必要があります。

次に、音楽アプリとしてまとまりが有る点です。
無料、かつレーベルや歌手の縛りをある程度取り除いた音楽アプリにYouTube Musicがあります。YouTubeにアップロードされた動画のうち音楽関連のみ表示するというサービスです。利用者が勝手にアップロードした曲も含まれるという点でMusic FMに近いでしょう。また、違法にアップロードされた楽曲でも運営側が自動的に広告を付けて著作者に還元するシステムがあるため合法を目指した運営がなされています。

しかし、全てYouTubeありきであり、曲がYouTubeで削除された場合はYouTube Musicでも聴けなくなります。そして、検索でヒットする曲は悪い音質や「歌ってみた」系、個人による演奏、アレンジバージョンなどを含み、本家の音源に中々辿り着かない事があります。当然、曲によってはYouTube上に存在しないものも多くあります。
反対に、Music FMは基本的に本家の音源が配信されており、その点では一般的な配信サービスと同様に素早く目的の曲を探し出す事ができます。(違法アップロードで構成されている為多少の誤差は有る)

結論

正規の音楽配信サービスでどうしても手の届かない所をカバーしているのがMusic FMです。良い言い方ではありませんが、Music FMにしかない長所が埋まらない限りは「利用する意味がある」と言えるのかも知れません。
例えMusic FMが閉鎖されても、ニーズがあれば同様の違法サービスが生み出される出される可能性があります。
しかし、海賊版である事に変わりはありません。前述ですが、Music FMのアカウント連携機能において、第三者が誰でも個人情報を見られる状態になっていた事が報告されています。利用に伴って自分自身に被害が及んでも全て自己責任です。

そして何よりも、海賊版を利用する事による音楽産業へのダメージは大きいです。